社会医療法人彩樹グループは北河内地域を中心に守口市・門真市・寝屋川市・豊中市にて診療致しております。

内視鏡について

皆さん、内視鏡をつらいものだと思っていませんか?

なみはや消化器・内視鏡クリニックでは、
豊富な経験と実績・スタッフ同士の強い連携により
“苦痛の少ない”治療を行っています。
門真市、鶴見区はもちろん、守口市や大東市、東大阪市など、大阪府下全域の内視鏡検査は、おまかせ下さい。

胃がん・大腸がんについて

日本人の半分は、がんに罹患します。そして胃癌・大腸癌は、患者数、死亡者数の非常に多いがんです。近年内視鏡の進歩は著しく早期に発見できれば、内視鏡で切除できます。がんに罹患しても、がんによる死亡率を減少することも可能です。

がん死亡数の順位(2022年)

1位 2位 3位
男女計 大腸
男性 大腸
女性 大腸 膵臓

元データ:人口動態統計がん死亡データ

患者数の多いがんの順位(2019年)

1位 2位 3位
総数 大腸
男性 前立腺 大腸
女性 乳房 大腸

元データ:全国がん登録罹患データ

消化管内視鏡とは

内視鏡検査は「しんどい」「苦しい」検査だと怖がっていませんか。
「痛い」「恥ずかしい」というイメージを持っておられませんか。
当クリニックでは少しでも苦痛が少なく、高精度の内視鏡検査を提供できるよう努力しております。

1

患者さんの希望により、少量の鎮静剤(静脈麻酔)・鎮痛剤を使用した内視鏡検査を提供しておりますので、眠ったような状態で検査を受けることも可能です。

2

嘔吐反射(オエーッとなる“えずき”の反射)を減少するため、最新鋭(高精度)の超細径内視鏡を導入しています。

3

お腹の張りや吐き気などを軽減するため、空気に比べて腸管内で速やかに吸収される(空気のおよそ200倍)炭酸ガスを用いて検査を行っています。

4

日本消化器内視鏡学会指導医または専門医である女性医師が毎日検査をしていますので、いつでも女性医師を希望していただくことが可能です。

怖がらずに、内視鏡検査を受けましょう。

医師紹介

院長 阪口 正博

阪口 正博

村田Dr

村田 岳洋

今西 みゆき

川﨑Dr

川﨑 裕香

中村 由希

内視鏡検査の費用

胃内視鏡検査 1割負担 2割負担 3割負担
検査のみ 約1,500円 約3,000円 約4,500円
検査+病理組織検査
(胃の細胞を採取し検査)
3,000円~5,500円 6,000円~11,000円 9,500円~16,500円

※採取した細胞の数により金額が変動します。
※萎縮性胃炎を認めない場合でも、ヘリコバクター・ピロリ菌検査を希望される場合は一部自費17,290(税込)となります。

大腸内視鏡検査・手術1割負担2割負担3割負担
検査のみ約2,000円約4,000円約6,000円
検査+病理組織検査
(大腸の細胞を採取し検査)
3,500円~6,000円7,000円~12,000円11,000円~18,000円
検査+ポリープ摘出術7,000円~13,000円14,000円~26,000円21,000円~39,000円

※採取した細胞の数により金額が変動します。

  • 公費負担のある方の検査費用につきましては、当院までお問い合わせ下さい。
  • 使用する薬剤や、時間外対応等によって、費用が大幅に前後する場合がございます。

よくあるご質問

Q

よく胃カメラは苦しいと聞くのですが、大丈夫ですか?

A

最新鋭の細径スコープを用いて、鎮静剤を使用し検査をしていますので、苦痛はかなり少なくなります。ご安心ください。

Q

小さい腫瘍でも見つかりますか?

A

小さい腫瘍は症状もありません。そういう意味では内視鏡検査をしないと小さい腫瘍は見つかりません。

当院では解像度の高い最新鋭の機器を用いて、専門医による内視鏡検査を行っております。

Q

もし腫瘍が発見されたら、どうなるのですか?

A

当院で対応できるものはその場で処置いたします。当院で対応困難な大きな病変については、処置可能な病院を紹介させていただきます。守口敬仁会病院が24時間体制で全面バックアップしてくれますの、ご安心ください。

Q

アレルギーがあっても検査に問題はありませんか?

A

事前の問診でアレルギーの有無を確認し、患者様に負担がない方法を選択させていただきます。

Q

検査までの日数はどのくらいですか?

A

できるだけお待たせせず、ご希望の日時に検査できるよう対応させていただきます。

特に胃カメラは、来院当日に検査できることもあります。あらかじめお問い合わせください。

施設基準について

医療情報取得加算

当院では、マイナンバーカードを健康保険証として使用できる体制を整えており、オンライン資格確認を行っております。
オンライン資格確認により受信歴、薬剤情報、特定健診情報、その他必要な診療情報を取得・活用することで、
より質の高い医療の提供に努めております。
☆正確な情報を取得・活用するためマイナ保険証の利用にご協力をお願いいたします。

医療DX推進体制整備加算

当院では、医療DXを通じた質の高い診療提供を目指しております。
☆オンライン請求を行っております。
☆オンライン資格確認等システムにより、取得した医療情報を診察室で閲覧または活用して診療をできる体制を実施しています。
☆マイナ保険証利用を促進するなど、医療DXを通じて質の高い医療を提供できるよう取り組んでいます。
☆電子処方箋の発行や電子カルテ共有サービスなどの取り組みの導入を計画しています。
 ※導入時期については、決まり次第お知らせいたします。

生活習慣病管理料
糖尿病、高血圧症、脂質異常症に関して療養指導に同意した患者さまが対象です。
当院では、患者さまの状態に応じて、下記の対応も可能です。
☆28日以上の長期の処方を行うこと
☆リフィル処方せんを発行すること
なお、長期処方やリフィル処方せんの交付が対応可能かは症状に応じて担当医が判断いたします。

一般名処方加算
当院では、後発医薬品のある医薬品について、特定の医薬品名を指定するのではなく、
薬剤の成分をもとにした一般名処方(一般的な名称により処方せんを発行すること※)を 行う場合があります。
一般名処方によって特定の医薬品の供給が不足した場合であっても、患者さんに必要な 医薬品が提供しやすくなります。
※一般名処方とは…お薬の「商品名」ではなく「有効成分」を処方せんに記載することです。